フブキ / J シリーズ

90401_210210

2014年春“白の凱旋” FUBUKI™ 新モデル誕生

Jシリーズは、FUBUKI™の基幹テクノロジーであるモジュラスディファレンシャルテクノロジー、FUBIKI™Kシリーズで採用のパワー“ニンジャ”コア™に加え、新開発のカウンター“ツバ”ウェイトを採用。高めの打ち出しから、低スピンでどこまでも伸びていく理想的な“飛びの弾道”を実現します。

SHAFT
NAME
FLEX LENGTH WEIGHT O/D at 10mm
From Tip
Tip //
Length
O/D at 10mm
From Butt
TORQUE KICK PT.
FUBUKI™ J 50 R 1168mm 54g 8.55mm 75mm 15.30mm 5.0 MID
FUBUKI™ J 50 SR 1168mm 55g 8.55mm 75mm 15.35mm 5.0 MID
FUBUKI™ J 50 S 1168mm 56g 8.55mm 75mm 15.40mm 4.9 MID
FUBUKI™ J 60 R 1168mm 61g 8.55mm 75mm 15.35mm 3.9 MID
FUBUKI™ J 60 S 1168mm 64g 8.55mm 75mm 15.40mm 3.9 MID
FUBUKI™ J 60 X 1168mm 66g 8.55mm 75mm 15.45mm 3.9 MID
FUBUKI™ J 70 S 1168mm 72g 8.55mm 75mm 15.35mm 3.6 MID
FUBUKI™ J 70 X 1168mm 74g 8.55mm 75mm 15.40mm 3.6 MID

[ MADE IN JAPAN ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Diamana™Mシリーズ

    ディアマナによってさらに遠くへ… 飛距離への欲望を満たす「M」

  2. KUROKAGE XT シリーズ

    三菱レイヨンは、2004~2014年の11シーズンで10度の最多勝、合計146勝を達成。 それは、アスリート達の光と影の軌跡でもある。そして、2015年。 頂点で戦うアスリート達が KURO KAGE を選んだ。新たな輝きが、新たな伝説をつくる。

  3. ディアマナ / R シリーズ

    RシリーズはMシリーズ・'ilima™シリーズの後継機種に位置付けられ、インパクト付近でのシャフトの走り・弾き感がある、飛距離追求型アスリートモデルです。

  4. フブキ / AT シリーズ

    FUBUKI™ αシリーズでも採用の、ヘッドスピードをスムーズに加速させる剛性設計をベースに改良を加え、つかまりのよさ・球の上りやすさを追求。やさしく、高弾道で飛距離アップを狙える幅広いユーザー層にフィットするモデルとなっています。

  5. ディアマナ / B シリーズ

    積み重ねた勝利、掴み取る栄光。 ブルーの血脈は、更なる進化を渇望する。 ディアマナサーガ第3章が幕を開ける。 Diamana™ Bシリーズ、誕生。

  6. ディアマナ / W シリーズ

    白の一閃――。 放たれた高弾道が、タイトなフェアウェイをヒットする。 第3のホワイト、Diamana™ Wシリーズ誕生

ページ上部へ戻る